福岡県那珂川市にあるメイプル動物病院です。
当院はわかりやすく丁寧な診療を心がけ、地域に根ざしたホームドクターとして信頼される病院を目指し、動物たちにできるだけ負担やストレスをかけない、よりよい新しい医療をご提供いたします。
特に猫は普段とは異なる場所や音、匂いなどの多くのストレスに大変敏感です。そんな猫にとってもより優しい病院になるよう努力しています。
大切な家族の一員である動物たちが健康でしあわせな毎日を過ごせるようお手伝いさせていただきますので、なんでもお気軽にお尋ねください。

動物は自分の体の不調を言葉で訴えることができません。より正しい診断をするために、どんな症状かをなるべく詳しくお話ください。
また、日頃から動物の状態をよくみている方がお連れください。
 
初診の場合、診療にかかる時間が長くなることが予想されますので、余裕をもって来院されることをお勧めいたします。
緊急治療が必要な動物が来院した場合は、順番が前後する場合ございますので、ご了承ください。
 
日頃、おとなしい動物でも、なれない環境におかれると興奮したり、思いもかけない行動をとることがあります。犬はしっかりとした首輪とリードをつけ、猫はキャリーバックや洗濯のネット(網状のもの)などに入れてお連れください。
 

カルテ番号について
当院ではカルテをスムーズに管理するため、電話番号でカルテを整理しています。
初診時に診察券をお渡ししていますが、診察券をお持ちでない場合や、電話でのお問い合わせのときには、お名前と電話番号をお申し出ください。

猫は慣れない場所ではとても緊張し、普段とは違う匂いにも敏感です。そのため通院は猫にとってストレスとなります。猫のストレスを少しでも軽減するためのポイントをいくつか紹介します。

 

①最適な猫用キャリーを選びましょう

掃除が容易にできるプラスチック製や樹脂コーティングが施された丈夫なキャリーを選びましょう。キャリーの上部が開くタイプの方が、猫を優しく出し入れできます。猫が落ち着いていられるように、布かタオルでキャリーを覆います。キャリーにはタオルやトイレシーツを敷き、万が一の時の排泄物もこれで吸収させられるようにします。移動させるときはキャリーを振ったり、物にぶつけたりしないようにしましょう。
 
 

②通院前の自宅では

病院に連れて行く時だけではなく、普段から眠ったり、食事をとる場所にキャリーは出しておきます。そうすることでキャリーが病院に行く時だけ閉じ込められる怖いものではなくなります。
 
猫を入れる前にキャリーの中には日ごろ使っている布や猫が気に入っている飼い主さんの衣類などを入れておきます。もし、キャリーに猫が入るのを嫌がったら、猫が慣れた匂いのついた厚手のタオルや毛布で猫をつつみ、素早く猫をタオルごとキャリーに入れましょう。
 
 

③待合室では

待合室では猫が他の人に見られないように目隠しのカバーをしましょう。もし猫がとてもストレスを感じている場合には、診察の順番が来るまで、車の中で待っていただいてもかまいません。

猫専用待合室をご利用ください
 
猫がストレスなく待ち時間を過ごせるよう、猫専用の待合スペースを設けています。怖がりな猫はキャリーバッグから外が見えないようにしたほうがより安心します。目隠しカバーとしてバスタオルの貸し出しも行っていますので、必要な場合はスタッフまでお声掛けください。

 

④帰宅してからは

病院から家に戻っても猫が緊張したり、混乱したりすることがあるので、優しく話しかけたり、なでたりして、猫の方から近づいてくるようになるまで待ちましょう。
 
 

⑤同居猫と合わせるには

病院に行くといつもとは違う匂いが体についてしまいます。他にも猫を飼っている場合は、その匂いが他の猫に強い不安感を与えてしまう可能性があります。
 初めは猫同士を離しておき、しばらくは様子を見て猫の反応に注意しながら徐々に合わるようにしましょう。
 

各種クレジットカード、ペット保険でのお支払いもご利用いただけます。
ペット保険に加入している場合には、証券をお持ちください。         
 

できるだけお電話のうえご来院ください
福岡県那珂川市中原3-25

福岡県那珂川市中原3-25

copyright ©2016 Maple Animal Clinic All Rights Reserved.

copyright ©2016 Maple Animal Clinic All Rights Reserved.